演歌 新曲

演歌の新曲を楽しもう

演歌の新曲を楽しく聴いていますか。

 

演歌は日本人ならではの感覚や感情をもりこみ、歌い手独自の歌い方やクセを楽しめる音楽です。

 

「小節(こぶし)」と呼ばれる歌い方がよく用いられ、「ビブラート」を必ず入れて歌われています。

 

また、演歌歌手は新曲を出す時のポスターやテレビに出演するときの衣装が、ほとんど和服姿です。日本らしいイメージが大切だからです。

 

演歌の新曲の歌詞でも、よく含まれるのは「酒」「雨」「女」「海」「涙」などの言葉で、ほとんどが悲しい切ない恋の歌です。

演歌の新曲を歌おう

演歌の新曲を覚えて歌ってみませんか。

 

歌うということは、ストレス解消になりとても楽しいことです。

 

しっかり腹式呼吸で歌うと有酸素運動になり健康にも良いですし、演歌の新曲の歌詞やメロディーを覚えることは脳の活性化にもつながるのです。

 

知人友人と一緒にカラオケに行けば、人とのコミュニケーションもとれて素敵な仲間が増えますよね。

 

また、大きな口を開けて、はっきりと歌うことで顔の筋トレ効果も期待できます。

演歌の新曲チェック

演歌の新曲をチェックしてみるとリリース日がほとんど水曜日です。

 

演歌だけではなくCDはどれもそうなのです。なぜかというと水曜日が一番どの地域や店舗でも運送や物流が安定し、平等な条件で発売開始できるからです。

 

そして、オリコン集計にも影響しないので水曜日にリリースすることはレコード会社同士の約束になっているのです。