万年筆 修理

スポンサードリンク

万年筆の修理とトラブル

万年筆の修理は通常、プロに依頼して行ってもらうことが多いです。それは、構造の複雑さゆえ、自分で分解して万年筆を修理するのは難しいためです。万年筆の修理を依頼してくる理由としては、ペン先でインクが固まってしまった場合や、インクを吸い上げなくなって字が書けなくなった場合などがあげられます。プロに万年筆の修理を依頼すると、超音波洗浄をしてもらったり、重症な場合はペン先を交換してもらうなどの方法で直してくれます。

万年筆を修理に出さずに済ますには?

万年筆を修理に出さずに、できるだけ長く使うにはどうしたらよいでしょうか?その方法は簡単で、万年筆を常日頃から使っていれば良いのです。万年筆のトラブルの原因の多くは、普段あまり使っていないことにあります。毎日使ってこそ万年筆特有の書き味が続くもので、「書く」という動作がペン先のトラブルの予防につながっているのです。

万年筆の修理を行うのにかかるお金と時間は?

万年筆を修理に出すときに必要なお金はどのくらいかかるのでしょうか?万年筆の修理にかかるお金は、基本料金+部品代が基本となっています。部品を用いないでできる手直しであれば1000円程度で済みますが、部品を使って修理する場合はその代金が加算されます。また、万年筆の修理に要する時間は、材質にもよりますが、プラチナ万年筆以外では1ヶ月〜半年かかります。最近では、万年筆の修理の際に見積もりを出してくれる場所もありますので、壊れてしまった万年筆の修理の際に、一度見積もりを頼んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク