車庫照明

スポンサードリンク

車庫照明の用途

車庫照明の用途はたくさんあります。もっとも単純な例は、車庫入れをしやすくすることにあると思います。車庫全体を明るく照らして、車を入れやすくする効果はあります。ただ、車庫照明で車庫入れをアシストする際は、まぶしすぎないようにし、車庫全体を明るく照らすように角度や光度を調節しましょう。また、車庫照明の用途はそれだけではなく、防犯にも使えます。最近の車庫照明は人感センサーライトと呼ばれるもので、そのセンサーの範囲内で人が近づくと明かりがつく仕掛けです。特に夜間の車庫照明は泥棒の威嚇にもつながりますので、経済的であり、なおかつ防犯も有効です。

車庫照明の電気代は?

車庫照明を設置する上で気になるのが電気代。最近は電気代が高く、車庫照明をつけようとすると電気代がかさんでしまうのではないかと思いがち。しかし、車庫照明のなかには、完全ソーラーシステムを利用したものもあります。本体の裏にソーラーパネルを用意して、昼間の間に太陽の光で充電、夜にその充電したエネルギーで明かりをつけるというシステムを採用しているものが多くなっています。これなら電気代はかからないし、電気工事の必要がないので設置場所も選ばず、設置費用もかかりませんね。また、昼間に車庫照明を使う必要はほとんどないので、夜だけ使いたいという場合にも利用できます。光センサーを搭載した車庫照明が多くなっていますので、これを利用すれば夜だけ明かりをつけるということもできます。リフォームの予定があるという方、または「この際防犯を意識してみよう。」とお思いの方は、ぜひ車庫照明を設置して大切な車を盗まれないように対策を講じてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク