ケータイウォッチ

スポンサードリンク

ケータイウォッチでケータイ普及率をチェック

ケータイウォッチでケータイ生産台数をチェックしてみました。昨年、世界で11億台以上のケータイが生産されました。パソコンの生産台数は3億弱で、テレビは2億台程度だというから、ケータイの生産台数がどれだけ多いかわかります。また、ケータイの加入数は昨年末で約33憶です。これから徐々に成長率は下がるとみられています。

日本国内においては、ここ2〜3年で少しづつ生産規模が縮小してきています。ケータイウォッチによると、日本では2003年〜2004年に、ケータイの普及率が約7割に達したとのことです。

ケータイウォッチによるコンテンツ市場の成長

ケータイウォッチしていると、モバイルコンテンツ市場が大きく成長し続けている中、近年特に発展しているのがドコモの

「デコメール」やauの「デコレーションメール」、ソフトバンクの「デコレメール」という装飾メール素材です。「デコメ絵文字」という動く絵文字が使用できるケータイが増えたこともあり、若い女性を中心に装飾メールが定着しています。また、「着せ替えメニュー素材」もこれから需要が高まりそうだとウォッチしています。ドコモの「きせかえツール」やauの「EZケータイアレンジ」、ソフトバンクの「カスタムスクリーン」があります。

ケータイウォッチによる新しいワンセグ

ケータイウォッチによると、この夏たくさんの防水ワンセグケータイが発売されました。ドコモ・ソフトバンクが開発したのは女性ユーザーを意識したデザインで、auから登場した防水ワンセグケータイはスリムでカメラ機能が充実し、男性ユーザ−向けといった感じです。

ケータイウォッチでは、来年度は各キャリアから提供される機種の約8割がワンセグケータイで、ケータイユーザーの約6割以上がそれを所有することになります。

スポンサードリンク