高麗芝 目土

スポンサードリンク

高麗芝における目土の重要性

高麗芝を育てる上で最も重要なものは何かと言われたら、その芝を植える目土にあります。高麗芝における目土は、根の発育や成長を促すためだけでなく、芝生のメンテナンスのために重要です。高麗芝の目土をしっかりしていないと、芝生の下の地面がでこぼこになり、芝刈りをしにくくなったり、芝に病気が発生したりします。高麗芝を育てるときに適切な目土をするということは、その芝の栄養状態を改善することに他ならず、この土を誤れば芝が枯れてしまうこともあるのです。

高麗芝の目土を入れるにはどうすればいいの?

高麗芝の目土は、ホームセンターなどで売っています。腐葉土などと同じようなサイズの大きな袋で400円前後が相場となっていますが、高級なものでは1000円を超えます。これを買ってきて、庭に均等に伸ばすわけですが、均等に伸ばすためにトンボもセットで買っておくといいでしょう。芝生を覆ってしまうと日光が当たらなくなって発育を阻害してしまう可能性がありますので、伸ばす量は控えめにしておきましょう。

高麗芝の目土にトラブルが起こると

高麗芝の目土の状態が悪くなれば、当然芝は病気になります。例えば、湿った後の状態のものを踏むと粘土状になってしまいます。粘土状になった土は芝を水浸しにするだけではなく、土の通気性が極端に悪くするため、ピシウム病という芝の病気を起こす原因となります。一度病気を起こした芝は、その後の発育を阻害してしまうので、高麗芝を育てる際の目土は、値段よりも品質を優先させましょう。最近では高麗芝用の目土も通販で売られていますので、ユーザーレビューなどを参考に買ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク