ニキビの毛穴洗顔方法

スポンサードリンク

ニキビは毛穴を意識した洗顔をすれば予防できる!

ニキビは、毛穴の中の皮脂などを除去するような洗顔をすれば予防・治療が可能です。そもそもニキビとは医学用語で尋常性ざ瘡といい、毛穴の中に皮脂が詰まり、そこで雑菌が繁殖して炎症を起こしたもので、対策として洗顔をして雑菌の栄養分を除去するという方法を通常とっています。しかし、顔の表面には皮膚を酸性に保ち、雑菌から皮膚を守るための寄生虫がいますので、闇雲に顔を洗えばよいというわけではありません。そのため、ニキビを起こさないように、毛穴に皮脂が詰まるのを洗顔で予防することで、ニキビの発症を抑えています。

ニキビで、毛穴に詰まった皮脂を除けるような洗顔方法は?

ニキビのときに、毛穴の皮脂を除去できるような洗顔をすれば、炎症を抑えることができます。これは、雑菌が皮脂を分解して炎症を起こすような成分を作っているためです。そのため、自宅でできるニキビの治療法は、毛穴に詰まった皮脂を除きつつ、皮膚に刺激のない石鹸で1日1〜2回、やさしく洗顔するというものです。早く治したいからといって力を入れてごしごしと洗うと、それが刺激となってしまいさらに悪化することもあります。また、最近良く売られている抗菌石鹸やスクラブ入りの石鹸で過剰に顔を洗うと、皮膚にもともと存在する微生物まで洗い流されてしまうだけでなく、皮膚の刺激作用があるため、かえって症状を悪化させてしまうことがあります。また、ニキビの毛穴洗顔の時には、毛穴を開いておくことが必要ですので、あらかじめ蒸しタオルなどを顔に2〜3分あてておくと良いでしょう。また回数は季節によっても変わりますが、夏場は汗を書くことが多いのでこまめな洗顔が必要です。一方冬場は空気が乾燥していますので、洗顔回数を減らし、必要以上に皮脂を落とさないようにすることが大切です。

 

ニキビで悩んでるならこのサイトが参考になります→プロアクティブの口コミ

スポンサードリンク