ピエゾアクチュエータ

スポンサードリンク

ピエゾアクチュエータについて

ピエゾアクチュエータとは、ピエゾ圧電効果を応用した素子です。「ピエゾ」はギリシャ語で「圧力を加える」という意味で、ピエゾ圧電効果とは、結晶(水晶・ロッシェル塩など)に機械的圧力を加えたときに、その表面に電気が発生する現象で、古くから知られています。この現象は、電気的変化と機械的変化との交換ができるので、ガス点火装置・マイクロホン・圧力センサー・電子時計等に利用されています。

「アクチュエータ」は、ピエゾのほか、エアシリンダやモータ・油圧シリンダなどの、動力を発生する物質や装置のことを指します。しかし多くの場合は、油圧シリンダ・サーボモータ・空圧シリンダ・油圧モータなど機械・装置などで、エネルギーの供給を受け、直線運動をする駆動装置のことを指します。

ピエゾアクチュエータの特徴

ピエゾアクチュエータは、アクチュータの中で応答性が一番速い位置決め素数です。また、ピエゾアクチュエータには、機械的運動をする歯車などの仕組みがありません。ですから摩擦や劣化はなく、何百万回も伸縮しても変化することはありません。さらにピエゾアクチュエータは、他の多くのアクチュエータのように電磁界の作用を使用していないので、磁場が発生することはありません。

ピエゾアクチュエータを使ったオートフォーカスの利用

ピエゾアクチュエータは、電圧をかけることで素子が集縮するので、これがカメラ付き携帯電話などのオートフォーカスに利用されています。オートフォーカスとは、シャッターを押すと同時に音や光を利用し自動的に焦点が合うしくみで、赤外光や映像のボケを利用し、レンズのピントを自動的に合わせる機能です。カメラ付き携帯電話は、高画素化が進んでいるので、オートフォーカスは必須機能となっています。

スポンサードリンク