不動産売却 税金

スポンサードリンク

不動産を売却するのにかかる税金の種類

不動産を売却の際は、税金や経費をいろいろと取られ、結局手元に残る金額はそれらを差し引いたものになります。何の名目でいくら取られているのかをきちんと理解することは重要ですよね。不動産売却の際の税金の税率も、その不動産を何年間持っていたのかによって変わってきます。また、不動産売却にかかる税金の種類もさまざまです。不動産の売却の際の税金の種類には、所得税・住民税・印紙税・登録免許税の4つがあります。印紙税とは、国税の一つで売買契約書に貼り付ける収入印紙の形で納税します。登録免許税とは、不動産登記にかかる国税で、これも印紙という形で納税します。またこれとは別に、司法書士の人に登記をしてもらうので、その収入も必要になります。所得税と住民税は、不動産売却によって所得が発生すると、一定の税率で課税がされます。

不動産の売却に関する税金と所得

不動産の売却にかかる税金のうち、主たるものは所得税です。土地や建物といった不動産を売却したときの所得は、所得税法上「譲渡所得」に分類され、特別な計算がされます。譲渡所得の計算は、土地や建物といった不動産を売却したときの代金から「取得費」および「譲渡費用」を差し引いて求めます。また、この譲渡所得に対する所得税の税率も所有期間において線引きされます。5年未満であれば所得税の税率は30%ですが、5年以上所有していれば15%の税率となります。5年間の数え方も、売った年の1月1日現在からさかのぼって5年間という数え方をします。その不動産を手に入れたときから数えて5年間ではありません。いずれにしてもかなり複雑な制度ですので、不動産売却に関する税金の事で悩んだ場合は税理士または行政書士の人に相談するのが間違いないでしょう。

スポンサードリンク