中古資産 取得価格

スポンサードリンク

中古資産の取得価格と耐用年数

中古資産の取得価格にある計算をすることによって、その中古資産の耐用年数を計算することができます。その方法には、見積法と簡便法があり、前者では中古資産をその目的に提供した時、以後の使用可能年間を計算するものです。後者は中古資産の取得価格と耐用年数を使ったある計算をすることによって求めます。これらは資本的支出額が新品の価格の50%を超えるどうかという点で求め方が変わります。中古の場合は見積法で求めることが多いです。前者で使用可能年間が求められない場合は、法廷耐用年数と経過年数を使って使用可能期間を査定します。つまり、中古資産の取得価格とその耐用年数には深いかかわりがあり、その重要性を知っておくことはとても大切なことなのです。

中古資産の取得価格と税金

中古資産の取得価格が税金と大きく結びついていることをご存知でしょうか?例えば、中古車のベンツ(600万円、5年経過)を買ったときの例を挙げてみましょう。車の場合、減価償却という手続きを行って、耐用年数に応じて分割されて税金を支います。例示したベンツの場合、法廷耐用年数が6年ですので、6-5×0.8=2年となります。この数字に基づいて支払うべき税金が決まります。ここでは車の場合を示しましたが、資産の種類によってこの計算方法は変わってきます。このように、中古資産の取得価格と税金の関係は非常に複雑になりますので、間違いなく税金を納めるためにも、税理士の人に相談し、適切なアドバイスを受けるのが間違いないでしょう。

スポンサードリンク