痩せにくい

スポンサードリンク

痩せにくい体質を作る原因は?

痩せにくい体質になってしまうと、運動しても食事制限してもなかなかやせることができません。そもそも痩せるには、体内の脂肪分や糖分を燃焼させて、水と二酸化炭素という形まで変換してやる必要があります。もともと人間は呼吸するだけでエネルギーを使っていますが、そのエネルギー(基礎代謝)が低下すると太りやすく、痩せにくくなります。基礎代謝は20代前後で最大となりますが、その後は年を経るごとに低下していきます。痩せにくい体を作ってしまう原因として、この基礎代謝の低下がひとつあります。また、筋肉の衰えによって脂肪が蓄積したり、女性ホルモンが低下したりすると太りやすく、痩せにくくなります。筋肉は糖分や脂肪を最も効率よく燃焼させる器官ですので、そこが衰えればそれらのエネルギーの燃焼が滞るのも自然の理です。

痩せにくい体質になるのを防げる運動は?

一度痩せにくい体になってしまうと、そう簡単には脱却できません。そのため、痩せにくい体にならないようにすることが大切です。最も効果的なのは、有酸素運動です。酸素を取り込みながら長時間かけて行う運動が効果的です。例えば、ジョギング・ウォーキング・エアロビクスなどがいいでしょう。筋肉をつけようとして筋肉トレーニングなどをすると、これは無酸素運動になりますのであまり効果が期待できません。最も効果的な水中ウォーキングです。水の浮力で体が軽くなりますし、体にかかる負担も少ないため長く行うことができる有酸素運動であるため、痩せやすく太りにくい体質を作るのに最適だといえます。

痩せにくい体質になるのを薬で防ぐには?

痩せにくい体質を防ぐ方法は運動だけではありません。プラセンタエキスというものがあり、これには生体に必要な核酸塩基・アミノ酸・ミネラル類・ビタミンなどをバランスよく含んでおり、ホルモンバランスをコントロールする作用があるため、基礎代謝量をアップさせます。運動をしてみたいけれど、そんな時間はないという方は、多少お金はかかりますが、このプラセンタエキスを飲んで、痩せにくいからだに別れを告げてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク